イベント音響制作・PAのプロフェッショナルカンパニー|KRS

KRSロゴ
KRS電話

イベント企画|イベント行事の企画制作・プランニング

KRSサービス・イベント企画制作

音響サービスメニュー

2013年度採用情報
Q&A一覧はこちら
KRS社長の雑誌掲載記事
USTREAM配信動画
水織ゆみチャリティーコンサート 2011年6月1日:水織ゆみチャリティーコンサート1部(音響・配信/KRS) 視聴する
水織ゆみチャリティーコンサート 2011年6月1日:水織ゆみチャリティーコンサート2部(音響・配信/KRS) 視聴する
桐島洋子・森羅塾 主催「大竹香織ハープコンサート」 2011年6月12日:桐島洋子・森羅塾 主催「大竹香織ハープコンサート」(音響・配信/KRS) 視聴する
KRS TWITTER
Website Evaluation
KRSのECO活動
イベント企画・制作、キャスティングやシナリオ制作までトータルに対応

音楽イベント企画・制作・トータルプランニング

イベント企画・制作の中でも特にメッセージ性の強い音楽系イベント企画は自信をもってプランニング致します。

成功する音楽イベントはコンセプトやテーマつくりから!

メッセージ性の強い音楽やリズムを必要とするイベントでは、しっかりとしたイベントテーマやコンセプトを明確にしていることが大切です。これは音楽系イベントを成功させるのに最も重要なポイントとなります。

音楽系イベントを企画する時にはこのテーマやコンセプトをもとに発想を膨らませ、どのようなイベントにするのかをひとつひとつ考えて企画していきます。そのなかで「楽み」「癒し」「披露」「発散」「発表」といったキーワードが多く組み込まれてくることでコンセプトやテーマが明確になっていきます。

イベント企画・制作としてKRSができること

「こんな音楽イベントをやりたい」「こんな音楽イベントをやってみたい」という、 ある程度コンセプトやイメージをお持ちのお客様から多くご依頼やご相談があります。 KRSではお客様のイメージをひとつひとつ明確にしていく段階からお手伝いを致します。 イベント全体を通して、音響、舞台、照明、映像等の制作演出、会場選定、日時候補日選定、 キャスティング、警備、ケータリング、広告・宣伝、Ustream配信、特設webサイト制作など、 イベントを実施する上で必要な様々な項目を網羅しながら企画を進めていきます。

予算はどう考えればいいの? ?予算はイベント規模とクオリティーに比例します?

お客様のコンセプトが明確であれば、イベントの規模を考える段階に入ります。 ここでいう規模は、会場の規模、導入客数、出演者数や出演組数といった部分のことを指します。 この規模を大きくすればするほど予算も比例して大きくなります。 クオリティーとは、凝った舞台装置や音響機器、華やかな照明や巨大プロジェクターやスクリーンを 使った演出などを指します。 複数台のハイビジョンカメラを入れ、クレーンを使った撮影なども入れるとかなり膨れ上がります。 これは追求すればするほど予算も大きくなっていきます。

開催日時と場所は大切です! ?イベント成功を握る日時設定と会場選定とは?

ご予算を基に、そのイベントの規模や開催時期、会場選定をすることから企画していきますが、 イベントを成功させるには、企画段階からの時間に余裕を持たせることも非常に大切です。

開催日時の決定では、集客し易い曜日、時間帯を考慮して検討する必要があります。 日時と時間帯はイベントでの集客ターゲットとなる層を考慮することが大切です。 働き盛りの若手ビジネスマンへ平日日中にイベントを開催してもほとんどの方は赴く事はできないからです。基本的な事ですがとても重要です。

次に会場選定に入ります。導入客数や出演数が概ね見えてきたら、会場も選定し易くなります。 イベントを開催できる会場は、当然ほかのイベントと重なったりすることが多々あります。開催時期の3か月前を切ってからなどでは、思い通りの会場選定は困難になります。また、キャスティングや広告・宣伝においても物理的な無理が生じ、せっかくのお客様のイベントコンセプトが台無しになってしまう可能性もあります。このような事態とならないようにすれば、コンセプトやテーマに見合った会場選定やキャスティングなど、様々な分野での自由度が増しイベントの実現に近づいて行きます。

運営スタッフや出演者とのしっかりとした連携が、イベント開催を具体的にしてゆきます!

開催時期や会場が具体的に見えてくると、次に、そのイベント制作の為に具体的に必要となる音響、舞台、照明、映像などの各種メカニカル部門や、出演者はもちろん、運営スタッフ等のブッキング・キャスティングの連携となります。

会場の種類や開催の日時詳細により、必要な専門業者の種類、人数も異なります。イベントの本番日は1日であっても、その規模や内容によっては前日から会場入りが必要な事もありますし、場合によっては1週間以上前から開催会場で準備をしなくてはいけない事もあるのです。出演者も、イベント当日の出演を決定する為には、その前後のスケジュール調整や、本番に臨む為に必要な期間の問題も密接に絡んで来ます。

そのような事柄を全てクリアしながら、イベント全体を具体的に形作る組織、チームをガッチリと形成して行きます。各セクションへのブッキング・キャスティングが固まると、イベントを開催する事がやっと形づいて行きます。そしてイベントの開催が固まると、その情報を少しでも早く認知してもらう為の広告や宣伝などについてもKRSが持つコネクションやノウハウを活用し、情報発信が始まります。

「何を伝えたいのか」 イベントのテーマを形にする段階です

全てのセクションにおいてイベントに向けての動きが始まると、いよいよその内容・詳細の設計です。 演出・進行を含めた台本・タイムテーブルの設計や、ステージの設計など、来場者に満足してもらう為の「イベント」の作り込みです。

作り込み中で大切になってくる事は、やはりイベント発起段階でイメージされた「コンセプト」「テーマ」となってくるのです。特に、音楽系イベントはメッセージ性の強いもの。コンセプトやテーマをしっかりと明確にしていることが大切です。なぜなら、イベント作りが具体的に進んで行くと、沢山の選択肢に行き当たります。 当初は予定していなかった事柄や問題点が浮上してくる事もあり、その選択の判断に迷いや矛盾が生じて来るものです。 その際に、妥協してはいけないコンセプトやテーマをしっかりと持つ事が、的確な判断の鍵となるのです。イベントの本番を終えた後に、当初のテーマから外れていたという結果では、イベントの成功にはなりません。

大事なテーマやコンセプトをもとに発想を膨らませ、それが最終的にご来場者に満足して頂けるイベントへ形となって進んで行くのです。逆を言うならば、イベントのテーマやコンセプトさえ明確であれば、そのイメージを形にする事は、我々KRSが「イベント企画制作」として全力でお手伝い致します。

一歩、一歩、本番に向けて、各セクションで目的感を共有しながら、イベントを「成功」と呼べるものへ作り上げてゆきます。

音響・音響工事のお問い合わせ・パートナー様募集中
2005 KATOYA RECORDING SERVICE ALLRIGHT RESERVED.